誰かと喧嘩をする夢を見ると、その人と顔を合わせるのも気まずくなってしまいます。
しかし、喧嘩をする夢を見るのにはそれなりの理由があるのかもしれません。
喧嘩をする夢の意味を、夢占いから見ていきましょう。

好きな人や恋人と喧嘩をする夢は吉夢!

好きな人、パートナー、恋人と喧嘩をする夢をみると、実際には喧嘩をしていなくても嫌な気持ちになってしまいます。
しかし、夢占いでは、好きな人や恋人と喧嘩する夢は反対に二人の仲が深まる暗示だと考えられています。
最近よく喧嘩をするようになったという関係であれば、徐々に喧嘩の回数が減って二人の絆が深まるでしょう。
あまり関わりがない好きな人と喧嘩をする夢を見たら、グっと距離が縮まる出来事が待っているかもしれません。

両親と喧嘩する夢は自立や抵抗の気持ち

両親と喧嘩をする夢を見たときは、あなたの中で反抗心や自立心が大きくなっている証拠でもあります。
夢占いでは父親は権力を、母親は家庭を示すと言われていますが、近年はどちらと喧嘩をしても同じように反抗、自立を示すとも考えられています。
家庭の中だけでなく大きな権力に抵抗したい、過保護な家庭から独立したい、また両親との関係に悩んでいるという可能性もあります。
今一度両親との関り方を考え直してみましょう。
また、自立したいと望んでいる場合は本当に可能なのかを考え、両親に迷惑をかけない形で実行するようにしてください。

知らない人と喧嘩をする夢は警告夢!

まったく知らない人と夢の中で喧嘩をしているのは不思議な感覚ですが、このような夢を見たときは注意が必要です。
夢占いでは、知らない人はあなたの象徴だと考えられています。
そのような人と喧嘩をしているということは、内容はどうであれあなたがあなた自身に警告を伝えに来ているという証拠です。
あなたの性格や行動が原因で人間関係ニヒビが入ったり、信頼を失う可能性があります。
また、恋愛や仕事でうまくいかなくなるということを警告している可能性もあります。
知らない相手が異性だった場合はとくに恋愛面に注意するようにしましょう。
夢の中のあなたが何を伝えたかったのかをよく考えて、日常生活に活かすようにするといいでしょう。

子供と喧嘩をする夢はあなたの未熟さを指摘

夢の中に知らない子供が出てきてあなたと喧嘩をしている夢は、あなたの子供っぽい部分をあなた自身が指摘している可能性があります。
未熟な部分、幼い部分はときにはあなたの人生を悪い方向に導いてしまいます。
もう少し大人な対応を取れるように、日常生活や仕事面でも注意していきましょう。
自分の子供と喧嘩している夢は、家族に不満を持っている気持ちの表れです。
家庭内の何が原因で関係が悪化しているのかを考えて、みんなで解決できるように努めましょう。

亡くなった人と喧嘩をする夢はメッセージに気を付けて

亡くなった人が夢に出てきて喧嘩をする夢は、その内容に注意しましょう。
亡くなった人は、夢の中ではメッセージを伝える役割を担っています。
あなたに何か伝えたいことがあって、夢に出てきているのかもしれません。
どのような内容で喧嘩をしたのかを思い出してみてください。
その内容に注意して生活すれば、より良い人生を送れるようになるでしょう。
心当たりのないことなら、亡くなった人に近い存在の人に相談してみることもおすすめです。
思わぬところからアドバイスを受けられるかもしれません。

激しい喧嘩をする夢は吉夢!

口喧嘩ではなく取っ組み合い、殴り合いなどの激しい喧嘩をする夢は、その相手に対して好意的な気持ちを抱いていることを意味します。
異性なら恋愛感情、同性なら友情が強まっている証拠です。
大喧嘩をした相手が身近にいる場合は、より関係を深められるように会話や連絡を増やしてみてください。
口喧嘩の場合は凶夢になるということはありませんが、相手から発せられたメッセージに注意する必要があります。

喧嘩している人と仲直りする夢は怒りの暗示

現実で恋人や友人、家族と喧嘩していて、夢の中でその人と仲直りをしたという場合、それが現実になればいいのですが実際には逆です。
夢の中で仲直りした相手に対して、あなたがまだ怒りの感情を持っていることを暗示しています。
その怒りを抑えて仲直りすべきだと深層心理がメッセージを送ってきているのですが、実際にはすぐに気持ちの整理をつけるのは難しいですね。
冷戦状態に持ち込むなどして、関係がこれ以上悪化しないようにだけ注意しておきましょう。

喧嘩の夢はその内容は状況に注意して夢占いをしよう

喧嘩をする夢について、夢占いの結果をご紹介いたしました。
夢の中での喧嘩は、喧嘩をした相手やその状況、喧嘩の内容が大きく結果に関係します。
基本的にはあまりいい意味を持たない喧嘩の夢ですが、取っ組み合いなどの激しい喧嘩の場合は近々人間関係がよくなる可能性があります。
些細なきっかけを見逃がさないように注意して過ごすようにしましょう。

おすすめランキング