健康運、恋愛運、金運などをアップするのに役立つ風水。 家族の運勢をアップさせるのにも役立つことはご存知ですか? 風水は方角や家を大切にするという特徴があります。 インテリアの配置を変えるだけでなくそもそもの間取りから風水を取り入れることで、より家族の運勢をよくすることが可能です。 物件選びでぜひ取り入れてほしい風水のポイントをご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

玄関が鬼門の方角にないか確認

鬼門とは、陰陽道で鬼が出入りすると考えられている方角のことです。 この方角に玄関がある家には悪いことが起こりやすいと考えられています。 鬼門にや表鬼門と裏鬼門がありますが、表鬼門は東北の方角を指します。裏鬼門はその反対の南西のことを指します。 物件を見に行くときはコンパスを持参し、部屋の中央から玄関の方角を調べてみましょう。 表鬼門、裏鬼門に玄関がある家は、風水をきにするならおすすめしません。

家族の本命卦の方角を把握しておく

部屋の配置は、本命卦を参考にすることをおすすめします。 本命卦とは、一人一人が生まれたときから持っている吉、凶などの方角のことです。 生年月日や性別によってこの方角は一人一人違いますので、家族がたくさんいる方は自分を含め全員の本命卦を把握しておきましょう。 この本命卦の方角を参考にして部屋の配置を考えると、より一人一人の運気をアップさせることができます。 書斎や子供部屋、寝室などの配置に悩んだときは、本命卦を調べてみましょう。

キッチンは風通しがよいかが大切

キッチンは家族のエネルギーに強く結びつく場所と考えられています。 家族全員の運気アップを考えるなら、キッチンの場所選びにも慎重になる必要があります。 方角的には東、南西、北西が良いとされていますが、その方角になくても風通しがよく明るい場所であれば大丈夫です。 熱がこもりやすい場所にあるキッチンは健康運の低下につながりますし、寒くなりがちな場所にあるキッチンは居心地が悪く、家族が喜ぶ料理を作ることができなくなってしまいます。

寝室の方角、ベッドの向きにも気をつける

寝室は、家で過ごす中でもとくに長い時間を過ごす場所です。 睡眠は健康を気にかける上で何よりも大切なので、質のいい睡眠が取れる、そして運気がアップする寝室にするように心がけましょう。 風水において寝室を配置するのがおすすめの方角は東、北、南西となっています。 しかし、北国、東北地方など寒い地域に住む方は北は避けた方がいいでしょう。 さらに西日が差し込む場所を寝室にすると熱がこもりやすくなり、快適な眠りができなくなってしまいます。 ベッドを置く方角にも気をつけてみましょう。 日本では北枕は嫌われる傾向にありますが、風水的には北枕は健康運をアップさせるためにはいいと言われています。 眠っている間に体のめぐりをよくして、疲れを溜めにくい、健康的な体に導いてくれます。 若い方の場合は東側が頭になるようにベッドを置くことでより生き生きと過ごすことができます。

窓のないトイレやロフトには要注意

トイレには悪い気が溜まりやすいと考えられています。 ただでさえ悪い気のたまり場となりやすい場所ですので、少しでも快適に過ごせるような配置にすることが大切です。 トイレの配置を気にする上で最初にチェックしてほしいのは、窓があるかどうか。 窓のないトイレは悪い気が非常に集まりやすくなります。また、方角的には東、北、西、東南の方角がおすすめです。 朝日が差し込む方角に窓があるトイレは風水的には非常におすすめです。 また、おしゃれなロフトのある物件は素敵に見えますが、ロフトつき物件には要注意。 ロフトは風通しが悪く、夏はエアコンなしでは登れないというケースも多いです。 このような場所は悪い気が滞留しやすくなってしまいます。 ロフトを物置きにしてしまうとさらに空気が動かなくなり、悪い運気のたまり場になってしまうことも。 ロフトつき物件を選ぶなら窓がある間取りを選び、きちんと利用し、定期的に掃除も行うようにしましょう。

生活導線が確保しやすい間取りを選ぶ

風水にいい間取りを気にするあまりに生活導線の確保を忘れてしまうということがないようにしまよう。 風水は、生活の質や運気をよりよくするために取り入れるべきものです。 風水を気にするばかりで生活しにくくなってしまっては意味がないですよね。 風水的にすべてが完璧な間取りというのは少ないので、いくつか外せないポイントだけを決めておいて、他の条件は多少悪くても妥協しましょう。 あとからインテリアやファブリックの色などで運気をアップさせることは十分に可能です。

風水を物件選びに取り入れて家庭円満を目指そう

物件を選ぶ際に参考にしてほしい風水のポイントをご紹介いたしました。 風水を参考にして物件を選ぶことで、家族の運気をアップさせることが可能です。 より長く健康に、そして仲良く暮らすためにも、ぜひ物件選びに風水を取り入れてみてくださいね。
おすすめランキング
おすすめの記事