夢の中で殺されるというシチュエーションに遭遇したことはありませんか? 非常に寝覚めの悪い夢ですが、殺される夢にはあなたの現在や未来を暗示する意味が込められているかもしれません。 殺される夢がどんなことを意味するのか、その内容を調べてみましょう。

殺される夢にはいい意味合いがある!

殺される夢は非常に後味が悪く、悪夢であることがほとんどです。 しかし夢占いにおいて死ぬことは、新しく生まれ変わることを意味しています。 そのため、死が関係する夢はあなたの身の回りで変化が起きたり、自分自身の考え方が変わる、などの前兆と言われています。 さらに殺されるというシチュエーションは、ものごとがいい方向に変化していくという意味もあります。 つまり殺される夢は吉夢なのです。 基本的には殺される夢にはいい意味が含まれていますが、すべてのシチュエーションがそうであるというわけではありません。 殺されるシチュエーション別に、夢がどんな意味を持っているのかをご紹介いたします。

自分が殺される夢は生まれ変わりの兆し!

まずは自分が殺される夢について。 夢の中で死に関係する内容があった場合、それは変化、生まれ変わりを意味します。 トラブルや悩みを抱えている方はそれらが解決したり、解決の糸口を見つけることができる兆しかもしれません。 仕事、生活、恋愛などで余裕のない日々を送っている方が殺される夢を見た場合は、現状から脱却するチャンスが訪れる可能性もあります。 「変化」の内容によっては凶夢にもなる夢もありますが、殺される夢は基本的にいい方向への変化を意味しています。

自分以外の人が殺される夢は障害がなくなる兆し

自分ではなく、誰かが殺されるシーンを目撃するという夢は、障害がなくなることを暗示しています。 仕事をする上でやっかいな問題や、人間関係を築く上で良好な関係を築けない邪魔な人などがいる場合は、近いうちに排除されていくでしょう。 恋や仕事のライバルや日常的に抱えている悩みなどを思い浮かべてみましょう。 今後、これらの障害がなくなり行動しやすくなるかもしれません。 障害がなくなってもものごとを判断し行動するのはあなた次第。 これからどのように行動すれば、より成功に近づけるのかを考えてみる機会にしてください。

好きな人に殺される夢は吉夢、恋人に殺される夢は凶夢

あなた自身が殺される夢を見た場合、その相手が好きな人であれば、その夢は吉夢となります。 恋愛運の上昇を意味しており、夢に見た好きな人と偶然一緒に過ごすチャンスが舞い込んできたり、二人の関係に進展があるかもしれません。 恋愛面でいついいことが起きてもいいように、自分を磨いておきましょう。 現在付き合っている恋人やパートナーに殺される夢は、一変して凶夢となります。 恋人に対して不安な感情やストレスを抱いてはいませんか? 浮気しているのではないか、気持ちが離れているのではないか、将来のことを考えてくれていないのではないかなど…。 このような不安が、夢の内容に現れています。 不安を解消して円満な関係を築いていくためにも、一度二人で話し合う機会を作りましょう。

人間以外に殺される夢は成長、問題解決、欲求の現れ

化物、ピエロ、宇宙人、悪魔など、人間以外に殺される夢を見た場合にはさまざまな意味があります。 形容しがたいような化物に殺される夢を見た場合、それはあなたの欲求や願望が強すぎることを意味しています。 短期間で目標を達成しようとしたり、無理な手段を用いて解決させようとは考えていませんか? 今一度冷静になり、地に足をつけた行動ができるようにしていきましょう。 悪魔に殺される夢は、その欲求に負けそうになっていることを暗示しています。 ピエロに殺される夢は、成長を意味しています。 仕事、恋愛などのシーンで考え方が大人になり、自分や相手にストレスを与えることなく接することができるようになるかもしれません。 宇宙人に殺される夢は、問題解決を意味しています。 現在抱えている悩みが近いうちに自然と解決されたり、解決の糸口を見つけられるようになるかもしれません。

追いかけられて殺される夢はトラブルや悩みの現れ

追いかけられて殺される夢は、トラブル、不安の意味合いがあります。 今抱えている悩み、ストレスがこのような夢となって現れているのです。 放置してしまいたい気持ちを抑えて、問題にきちんと向き合うことが大切です。

ナイフ、包丁で殺される夢は対人関係に注意

ナイフや包丁で殺される夢は、あなたの前向きな気持ちを表す一方で周りに敵を作ってしまうという暗示でもあります。 あなたの行動が空回りしてしまい、周囲との軋轢が生まれたり、反感を買ってしまう可能性があります。 仕事、恋愛、家庭などでものごとを進めたい場合は自分の独断で進めず、周囲に相談したり意見を求めるなど、周囲と意気込みの差が生じないように注意していきましょう。 今一度、自分の行動や態度を改めてみることもおすすめです。
おすすめランキング
おすすめの記事