人間関係の築き方に悩んでいる方は多いです。 その中でも、ついすぐに依存してしまうという方は多いのではないでしょうか。 他人に依存すると、少しのことで傷ついたり相手を傷つけたりしてしまいます。 依存するのもされるのもつらいので、できることなら他人には依存しすぎないことが大切。 ライトな人間関係にはさまざまなメリットがありますので、つい依存してしまいがちだという方はこのようなメリットにも着目して自分の人間関係を見つめ直してみましょう。

複数の人間関係に溶け込める

人間関係がライトだと、すぐにいろいろなグループに溶け込むことができます。 趣味ごとに、仕事ごとに、友人歴が長いごとにといろいろなグループに属することで、一人の人に依存しすぎることを防ぐこともできます。 他人に依存してしまいがちな方の多くは、一人の人に短期間で何度も会うような傾向にあります。 できることなら会う間隔をあけて、その間に別のグループとも遊ぶようにしていきましょう。 複数の人間関係に参加することで、より多くの人の考え方に触れることもできます。 自分の人間関係の築き方以外にも別の方法があるということに気づけるかもしれません。

自分の時間を大切にできる

他人に依存するようになると、なにをするにしてもその人と一緒でなければ気が済まなくなってしまいます。 しかし、ライトな人間関係を続けていればそんなことを考える必要もなく、自分が行きたいところに自分で行く、自分がしたいことを自分でできるようになります。 結果自分の趣味の時間を大切にできるようになり、知識や経験を深めていくことができますよ。 自分の趣味に没頭する時間を作って、自分の力で考えたり行動する力を身につけていくようにしましょう。 そうすることで自然と依存もしなくなっていきます。

自分に自信と責任を持てる

他人に依存しやすい人は、自分に悩みや問題を抱えている方が多いです。誰かと一緒にいれば解決してくれるのではないか、また誰かといることで問題から目を背けることができるのではないかと思っているのです。 一旦そのような考えは捨ててみましょう。 自分の問題は、基本的には自分で解決するしかありません。 問題をひとつひとつ解決していくことで、自分に自信を持てるようになります。 また、自分の行動に責任を持てるようになり、自立した人間を目指すこともできますよ。 人に相談する前に解決できることはないか、一旦考える時間を作ってみましょう。

相手の気持ちを尊重できる

ライトな人間関係を築ける人は、自分の意見を大切にしています。 その分どうすればいいか、どう伝えればいいのかという手段も心得ているので、相手の気持ちを尊重する力も持っています。 自分は自分の生き方があり、他人には他人の生き方があります。 それを知っているのと知らずに依存するのとでは大きな違いがあります。 相手の気持ちも尊重しつつ自分の気持ちも大切にすれば、自然と依存することも少なくなり、以前よりいい関係を築いていくことができるでしょう。

ライトな人間関係にはメリットがたくさんある!

ライトな人間関係と聞くと少し悲しい感じがするかもしれませんが、ほどよく人付き合いをすることで生まれるメリットはたくさんあります。 他人に依存すれば、その分余計なストレスを抱えてしまいますし、相手にとって負担になってしまうことも。 たまには別のグループと関わることで、凝り固まった自分の考え方をほぐしていくこともできますよ。 相手に期待しすぎない、自分の気持ちや趣味の時間を大切にするといったことからはじめて、徐々に依存体質から抜け出せるようにしていきましょう。
おすすめランキング
おすすめの記事