電話占い師になるには、占いの勉強だけでなく接客や経営についても学ぶ必要があります。
せっかくたくさん勉強をしたのに、実際に電話占い師としてデビューしてもいまいち軌道に乗れていない…とお悩みではありませんか?
電話占い師として成功するには、よりビジネス思考を取り入れる必要があります。
今回は、電話占い師として成功するために大切なポイントを4つご紹介いたします。

一回の鑑定時間を短めに設定する

占い師の給料は、鑑定時間による分給であることがほとんどです。
そのため多くの占い師は話を引き伸ばして、できるだけたくさん稼ごうとします。
しかし長引かせれば長引かせるほど鑑定結果やアドバイスは中身の薄いものになり、無駄話をしていると気づいた依頼主に不信感を抱かれてしまいます。
そしてこのような場合、その依頼主がリピートしてくれる可能性は低いです。
電話占いでは新規のお客様を掴むことも大切ですが、リピーターが何よりも大切です。
リピーターを掴むためにはあえて鑑定時間を短めに設定することがおすすめ。
意外と低料金で受けられると知れば、依頼主もまた気軽にあなたに相談をしてくれるようになるでしょう。
短い鑑定時間の中でより的確なアドバイスをすることで、あなたへの信頼感もアップしますよ。

電話占いジプシーの依頼も大切に

電話占い師は非常に数が多く、依頼主も誰に相談すればいいのか悩んでいます。
中には、占い師との相性が悪く、自分にぴったりの占い師を探し中の電話占いジプシーの方もいるでしょう。
このような人は、一度相談を受けてもリピートしてくれる可能性は低いです。
とくに初回指名で割引などのキャンペーンを行っている電話占いサイトの場合、低料金で受けられるなら誰でもいいと考えている方も多いです。
しかし、このような電話占いジプシーの相談も大切に向き合うようにしましょう。
たくさんの占い師の鑑定を受けてきた電話占いジプシーは、クチコミ評価も辛辣なことが多いです。
悪いクチコミを書かれないために、またリピーターになってもらうために、多くの占い師はその依頼主にいい結果しか言わなかったり、お世辞を言うことも。
そんな中、はっきりと見えた未来を告げて、的確なアドバイスをすることで、電話占いジプシーの依頼主からも信頼される可能性があります。
いいクチコミを書いてもらえるだけでなく、リピーターになってくれるかもしれません。

常識の範囲内で信じられる結果を伝える

あなたの常識が依頼主の常識と一致するわけではありません。
恋愛観や仕事観、人生観など、何が幸せで何が不幸なのかは、その人によって様々です。
あなたの常識だけを押し付けないようにしましょう。
例えば、結婚することや子供を作ることが幸せと考えている人もいれば、一人でしっかり働いて生きていくことを幸せとする人もいます。
結婚できないから不幸せ、友人に恵まれないから不幸せなど、勝手に価値観を決めずに、見えた未来だけを告げるようにしましょう。
中立的な立場でアドバイスをすることで、依頼主も自分の現状を客観的に把握しやすくなります。
占いでは共感する力も大切ですが、初めての鑑定では相手がどのような考えの持ち主なのか把握することは難しいですよね。
あくまでも依頼主にとっては何が大切なのか、何を占ってほしいのかという点に焦点を当てて鑑定していくようにしましょう。

プロフィールを充実させる

電話占いサイトから電話占い師を見つける際は、その占い師のプロフィールが何よりも大切です。
プロフィールがスカスカだと、経験がないとみなされてスルーされてしまいます。
より多くのユーザーに目に留めてもらうためにも、プロフィールは充実させるようにしましょう。
何年間占い師として活躍しているのか、これまでにどんな占いを行ってきたのか、何に関する占いが得意なのか、どのようなジャンルの占いができるのかなどなど、書けることはたくさんあります。
占い師になるための資格というものはありませんが、プロフィール欄を充実させるために民間の資格を取得しておくという占い師もいます。

予約できる時間を多めに取る

電話占いサイトは、24時間対応のところが多いです。
深夜にも占いを依頼できるのが電話占いのメリットですので、できるだけ深夜も予約ができるように準備を整えておきましょう。
24時間対応は現実的には不可能でも、予約可能な時間を多めにとることで飛び入りの依頼も受けることができます。
反対に予約できる時間が短いとその分ターゲットが絞られてしまうので、新規の依頼を受けにくくなってしまいます。

電話占いをビジネスとして成功させよう!

電話占いをビジネスとして成功させるための4つのポイントをご紹介いたしました。
これらのコツを上手に取り入れて、さらに占い師としてのスキルアップをしていくことで、徐々にリピーターを増やし、電話占い師として成功を目指すことができます。
電話占いをビジネスとして考え、自分に足りていないのはなんなのかを今一度見つめ直してみましょう。

おすすめランキング
おすすめの記事