電話占いは近年非常に人気を集めている占い方法です。 電話占いサイトも増え、人気占い師の占いを電話で手軽に受けられるというケースも多くなってきました。 忙しい方や近くに占いのお店がない方でも気軽に占いを受けることができる電話占いは、今後も人気ジャンルとなっていくことでしょう。 電話占いは、働く側にとっても様々なメリットがあります。 好きな時間に、好きな場所で仕事ができるため、副業として電話占い師をしている方も多いです。 今回は、電話占い師になるために必要なことは何か、どのようにして電話占い師になれるのかについてご紹介いたします。 電話占い師になるには、どのような準備が必要なのでしょうか。 電話占いの占い師になるには?また電話占い師として成功する秘訣も一緒にご紹介いたしますので、ぜひチェックしてみてくださいね。

電話占い師の仕事内容は?

占い師の仕事は基本的に同じです。 依頼者の相談を受けて、それを占って結果を伝え、どうすればよりいい結果を得られるかアドバイスをするというもの。 電話占いになるとさらに相手の顔が見えない状況で、声だけの情報で悩みを聞かなければなりません。 相手の気持ちを汲み取ることも難しくなるので、いかに相手の悩みに共感できるか、少ない情報で正確に判断ができるかを把握する必要があります。 また、依頼者も顔が見えない分強気になったり、ネットで悪いクチコミを書かれてしまう可能性も。 対面式の占いよりもより神経質になる必要があるので、それなりの覚悟はしておきましょう。

電話占い師になるために免許や資格は必要?

占い師には資格や免許というものはありません。 占い方法を勉強し、人の悩み相談を聞くようになったら誰でも占い師になることができます。 しかし簡単そうに見えて、占い師になるのは意外と難しいのです。 自分の悩みを自分で占ってみることは簡単ですが、他人の悩みを解決するために占うというのは大変なこと。 占い結果を間違えたり、アドバイスが不適切だと余計に悩んでいる相手を傷つけることになってしまいます。 また、人気の占い師はたくさんいるので、その中から人気の占い師になり、占いだけで生計を立てていくというのは非常に難しいこと。 副業として電話占いをするなど、メインの収入は確保しておく必要がありそうです。

電話占い師になるための勉強方法は?

占いの知識がまったくないという方は、まずは占いの知識をしっかり身につけていかなければなりません。 タロット占い、姓名判断、四柱推命などなど、占いには様々なジャンルがあります。 どんな占い師になりたいのかを明確にした上で、自分の得意な占いを極めていきましょう。 もともと不思議な力を持っているという方は、その力によって何が見えるのか、どんな人の役に立てるのかを考えて、より効果的にその力を使えるようにしていきましょう。 また、占い師になるために必要な資格はありません。電話占い師も同様ですので、初心者でも不安になることはありませんよ! 電話占い師になるための勉強方法には2種類があります。 一つは独学で勉強すること。 自分ができそうな占いを複数徹底的に勉強しましょう。 今は占い方法の本もたくさん出ていますし、あいた時間を使って勉強していくことが可能です。 もう一つはスクールや養成所や占い講座に通うこと。 通信教育などで占いを勉強するという方法もあります。 しっかり講師に見てもらうことができるので、お金や時間はかかるものの着実に実力を身につけていくことができるでしょう。 卒業後にサポートしてくれるような養成所もあるので、開業を本格的に考えているなら養成所で勉強することをおすすめします。

占いの知識はあればあるだけいい

まずは占いに関する知識です。 タロット占いや四柱推命など、知名度の高い占いを得意とする占い師はたくさんいます。 同じ結果でも様々な解釈があり、一人一人の悩みにそった解釈、アドバイスをしていく必要があります。 そのためには、占いに対してのたくさんの知識が必要です。 スクールで学ぶにしても独学で学ぶにしても、知識を深めていくに越したことはありません。 より柔軟な対応ができるように、占いの知識をどんどん蓄えていきましょう。 ときには実際に占いをしてもらって、自分では思いつかなかったような発想を発見することも大切です。

・3つ以上の占い方法を会得しよう

電話占い師のプロフィールには、得意な占い、対応可能な占いが記載されていることがほとんどです。 このとき、できる占いが一つだけだとターゲットが絞られてしまいます。 複数の選択肢があることで、より多くの方に興味を持ってもらうことができますよ。 人気の占いにくわえてマニアックな占いなど、最低でも3種類くらいの占い方法を会得しておくことをおすすめします。 それぞれの占いに対してどのような悩みを持つ人に向いているのかも把握しておことで、より占いを行いやすくなります。

占い方法よりも大切なこと

接客・経営の勉強も必要

占いの技術さえあれば占い師になれるかというと、そういうわけではありません。 占いにおいてはその技術よりも、共感する力、相手の話を聞く力の方が重要な場合もあります。 相手の不安に寄り添い、どのような接客をしていけばいいのかということについても考えていきましょう。 また、占いをする上でどれくらいの時間を使い、どれくらいの料金で占いを行えば利益になるのかを考える必要もあります。 接客や経営は独学では難しい場合もありますので、実際にスクールに通ったり電話占い師として活躍している人に相談することもおすすめです。

共感する力が必要

電話占いでは占いの正確性も大切ですが、何よりも共感する力が大切になります。 依頼者は悩みを抱えて非常にデリケートな状態。 その悩みに寄り添い、一緒に解決したい、あなたの味方になりたいという意思を示さなければ、依頼者も心を開いてくれません。 対面式でなく電話での対応はこの点が難しく、最初は苦戦するかもしれません。 カウンセリングや心理学の勉強なども同時にしておくとよりスムーズに共感することができるでしょう。

電話占い師を目指してみよう!

電話占い師になる方法、電話占い師として成功する方法についてご紹介いたしました。 電話占いの需要は増え続けており、今から目指すことも遅くはありません。 しっかり勉強して、人気の電話占い師に負けないくらいの実力、共感力を身に付けることから始めましょう!

占い師としての経験値を積もう

占いの勉強、接客、経営の勉強をしたら、実際に占い師として経験を積んでいきましょう。 路上で占いを行ったり、身近な人を占ってもらったり…。 実際にお客様と接することで、自分に足りないものやもっと勉強しなければならないことが見えてくることでしょう。 電話占い師になるには電話占いサイトに所属する必要がありますが、人気の電話占いサイトに所属するにはオーディションを受ける必要があります。 この際にこれまでの活動歴などを参考にされる場合もあるので、経験を積むことは大切です。

電話占い会社に所属するには

占い方法を取得し、電話占い師としてデビューしたい!と思ったら、電話占いサイトに所属する必要があります。 電話占いを利用する方のほとんどはネットで検索して占い師を見つけます。 検索サイトで上位になる電話占いサイトに所属できれば、より依頼を受けやすくなるでしょう。 しかしこのようなサイトは基準が高く、ある程度占い師としての経験がなければ所属できないというケースもあります。 また、所属できたとしても人気占い師に押されてなかなか仕事が来ないという可能性も。 初回無料などの受付ばかりをしていると収入がなく、タダで占いを続けることにもなります。 電話占いサイトに所属することは電話占い師として成功するには大切ですが、その中でもきちんと続けられそうかどうかを確認してから応募するようにしましょう。

個人で電話占いを始めるには?

個人で電話占いサイトを立ち上げて依頼を受け付けるという方法もあります。 個人で経営することでルールに縛られず好きに占いをすることができますし、仲介手数料などを電話占いサイトに取られる心配もありません。 また、オーディションに落ちるということもないので、誰でもすぐに電話占い師デビューをすることができます。 しかし、個人の場合はなかなか検索サイトで上位に食い込むことができません。 信頼面においても大手の電話占いサイトには劣るでしょう。 きちんとお金をかけてサイトを作れる、管理ができる、上位に食い込めるようにコラムやブログなどを定期的に書き続けることができる方でなければ、個人として成功するのは難しいかもしれません。

電話占いの給料は基本的には分給

電話占いを利用する際は「1分間○円」という料金が一般的ですよね。 これは占い師として働く場合も同じで、多くの場合は時給ではなくこの分給が採用されています。 料金体制は電話占いサイトによって違いますので、どのサイトが一番多く稼げるのかをしっかりチェックしてから応募する必要があります。

分給の相場は料金の20~40%

実際の電話占いの料金が、そのまますべて電話占い師に入るというわけではありません。 その料金のほとんどは電話占いサイトの運営側に取られてしまいます。 電話占い師の元に入るのは、電話占いの料金の20~40%。 多くの場合は25%から30%くらいです。 1分間200円として、分給で換算すると40円から80円程度になります。

初回無料キャンペーンは要注意

電話占いサイトの中には、初回無料キャンペーンや初回半額キャンペーンなどを行っているところが多いです。 これはユーザーにとっては大きなメリットですが、占い師にとってはどうなのでしょうか。 これは電話占いサイトの対応によっても異なります。 実際に占い師の給料も無料になってしまったり、半額になってしまうことも。 中には普通の鑑定を同じように給料を支払ってくれる占いサイトもありますが、非常に稀なケースです。 電話占いの初回キャンペーンは、あくまでもリピーターを増やすのが目的のキャンペーンですので、利益はあまり考えない方がいいでしょう。

電話占いは稼げない?専業の場合は?

電話占いの給料については理解していただけましたか? 意外と稼げそうにない…と諦めている方も多いかもしれませんが、電話占いを上手に活用すればスムーズに稼げるようになるかもしれません。 電話占い師として稼いでいる人の働き方をチェックしてみましょう。

電話占いは副業として稼ぐのに最適

普段は占い師として活動し、空いた時間に電話占い師として働いているという方は多いです。 このように副業として電話占いを取り入れることで、隙間の時間を有効的に使って稼ぐことが可能です。 電話占いで占いの経験を積むこともできるので、本格的な占い師を目指している方が電話占いを副業にしているというケースもあります。 また、普段は占いとは無関係の仕事をしつつ、休日や夜間の時間を使って副業として電話占い師として働いているという方も。 電話占いをあくまでも副収入とすることで、収入をアップさせることが可能です。

専業電話占い師はかなり稼いでいる!

電話占いを専業にすることで、かなり稼ぐことが可能です。 専業にすることで待機時間が増え、予約を受けやすくなります。 すぐに占いを受けたいという方にとって、予約しやすいというのは大きなメリットになりますね。 さらにそこからリピーターが増えていけば、スムーズに収入をアップさせていくことは十分に可能と言えるでしょう。 人気の電話占い師になれば分給もアップしやすく、さらに収入はアップしていきます。 毎日たくさんの予約が入るような人気の電話占い師は、サラリーマン以上の収入を得ている方もいます。

電話占いの分給をアップさせるには?

電話占いは、決して稼げないというわけではありません。 しかし、全員が全員スムーズに収入をアップさせていけるわけではありません。 どのような工夫をすれば分給をアップさせることができるのか、その方法についてチェックしてみましょう。

リピーターを増やす

電話占い師としての収入をアップさせるためには、リピーターを獲得することが最優先です。 また占ってもらいたい、また相談したいと思ってもらうことで、次の予約につながり、収入が増えていきます。 予約が取りにくくなってくると占いの料金をアップさせることもでき、分給のアップにもつながります。

契約の内容を交渉する

電話占いサイトと交渉して、契約内容を見直してもらうという方法もあります。 電話占いサイトの中でも人気の占い師になれれば、もっと料金を上げたり、分給の割合を上げてもらうことが可能になります。 実績をたくさん積んで、その電話占いサイトに必要な人材と認めてもらえるようにしていきましょう。

違う電話占いサイトに移籍する

電話占いサイトが交渉に応じてくれず、分給の割合に不満があるという場合は、電話占いサイトを移籍するということも検討しましょう。 より割合のいい電話占いサイトを探してオーディションを受け、現在のリピーターに移籍することを伝えます。 また、移籍だけでなく独立するという手段もあります。

電話占い師の給料を把握して、稼ぐ方法を考えよう

電話占い師の給料について、また給料をアップさせる方法についてご紹介いたしました。 人気の電話占い師になって、より稼げるように努力してみましょう!

占い技術は常に上を目指さなければならない

得意な占いがあるとしても、今の技術に甘んじていてはいけません。 より深い解釈ができるように、より難しい占いができるように、どんどん技術を磨いていく必要があります。 また、一つだけの占い方法だけでなく複数の占い方法を習得しておくことで、お客様も占いを依頼しやすくなります。 その人の悩みに合った占いを提案することもでき、依頼者にとって親切なサービスを行うことができますよ。

話術はリピーター確保には絶対必要

電話占いでは、受話器越しの声でしか接客することができません。 そのため、話術が占い師の印象を大きく左右します。 より聞き取りやすい声で、明るくはっきり話す必要があることも頭に入れておきましょう。 また、話術も電話占い師には大切なスキルです。 相手に不快感を与えずに、より信頼して相談してもらうためにはどんな話し方が最適なのかを常に研究していきましょう。 占い師として成功するには、占いが当たるかどうかも大切です。 しかし、「またこの人に相談したい」と思わせる話術も占いスキルと同じくらい重要です。

聞き上手になることも占い師には必要

電話占いを利用する人の中には、本格的に占ってほしいという人だけでなく誰にも言えない悩みを聞いてほしい、話し相手がほしいというだけの方もいます。 このような人に対しても、しっかり何を言いたいのかを聞き取り、きちんと受け入れてあげることが大切です。 その結果占いに使う時間が短くなってしまっても、相手は話をして満足してくれるケースも多いです。 どのような相槌を打てば相手が気持ちよく話すことができるのか、より悩みを聞き出すためにはどんな質問をすればいいのかについても考えていきましょう。

依頼主が求めているアドバイスを考える

依頼主がどのようなアドバイスを求めているかを、相談内容や話し方などから察することも電話占い師に必要なスキルの一つです。 占い師の中には毒舌で何でもズバズバ言う占い師もいますし、依頼者の悩みをすべて受け止めて優しく包み込むようなアドバイスをしてくれる占い師もいます。 相談者の性格や悩みによって、どちらの占い師の方が力になるかは変わります。 デリケートになっている依頼者にズバズバと結果のみを告げても余計に依頼者をがっかりさせてしまいます。 反対に、ハッキリとした結果がほしい依頼者にやんわりとしたアドバイスをしても「占いを受けた意味がなかった」と思われてしまうかもしれません。 話しながら、相手はどのようなアドバイスを求めているのかを考えていく努力も必要です。

迷っている依頼者の背中を押してあげる

二つ、もしくは複数の人生の分岐点に立たされ、どの道を選べばいいのかわからず悩んでいる方もいます。 結婚、引越し、転職、就職などなど…。 このように悩んでいる依頼者は、誰かに背中を押して欲しいと考えていることが多いです。 曖昧な根拠ではなく「占いでこのような結果が出たからこの道を選ぶといいでしょう」と、はっきり背中を押してあげることも電話占い師の大切な仕事の一つです。 責任の大きな内容になりますが、その分自分も後悔しないようにしっかり真剣に悩みと向き合っていくようにしましょう。

カウンセリング的な役割を果たすことも

電話占いをカウンセリングのように使っている方もいます。 もちろんプロのカウンセラーのような対応はできませんが、それは相手も了解しているでしょう。 ただ話を聞いて欲しい、つらい気持ちを理解してほしい、話すことで気持ちを軽くしたいと思っている方が多いのです。 心理カウンセリングには、共感や同調などが必要になりますが、これは電話占いでも同じことが言えます。 心理学の本やカウンセリングについての本も参考にして、より依頼者がリラックスして話せるようにしていきましょう。

占いにエンターテイメント性を持たせる

占いにエンターテイメント性を持たせるというのも、人気の占い師になるためには必要です。 「○○占い」と銘打って、独自の占い方法を展開してみましょう。 自身のキャラクター設定をしたり、おもしろいアドバイスをしたり、わかりやすい例えを使って診断したり…。 あなたにしかできない占い方法をアピールすることで、リピーターを獲得しやすくなりますよ。

この人でなければ!というスキルを磨いて人気電話占い師になろう

電話占い師として成功するために必要な努力をご紹介いたしました。 人気の電話占い師になるには、占いの技術だけでなく話術や独自の占い方法なども必要になってきます。 自分にしか出せない色を考えて、より多くのお客様の心を掴むようにしていきましょう!
おすすめランキング