自分の名前から人生の流れを知ることができる姓名判断。
ネットの無料診断などで自分の名前を占ってみたことがある方も多いのではないでしょうか。
また、子供の名前をつけるときに姓名判断を利用するという方も多いですね。
しかし、姓名判断はサイトや占い師によって結果がかなり違います。
同じ漢字のはずなのに、どうしてこんなにも結果が変わるのでしょうか。
その理由についてご紹介いたします。

姓名判断にはいくつかの流派がある

姓名判断の結果が占い師によって違うのは、姓名判断にも様々な流派があるためです。
現在、世界には300以上の姓名判断の流派があると言われています。
この流派によって漢字の画数の出し方、計算方法が変わるため、結果がバラバラになってしまうのです。

姓名判断の歴史

姓名判断は、古代中国で生まれました。
その起源は五行説にあります。五行説とは「木、火、水、土、金」にこの世のすべてを当てはめて解釈するという考え方です。
姓名判断はこの五行説を元に吉凶を占います。
日本でこの姓名判断の考えが取り入れられ始めたのは、苗字が定着し始めた明治時代からと言われてます。
その火付け役は運命学者の熊崎健翁さんが発表した「姓名判断の神秘」。これがきっかけで、姓名判断が一気に日本国内でも広まるようになりました。

熊崎式姓名判断

先ほどご紹介した、日本で真っ先に取り入れられたのが熊崎式姓名判断です。
熊崎式姓名判断では、五格の他に三才と呼ばれる運勢も占います。
中国の漢字辞典を元に結果を出すので、旧字体を利用します。
この熊崎式姓名判断では、数字は画数ではなく数字をそのまま使います。「四」なら4画、「六」なら6画…ということになります。そのため、単純に画数だけでは判断できません。
また、部首もさんずいなら「水」と意味するので4画、りっしんべんなら「心」の意味で5画と、こちらも画数が変わります。
姓名判断を受けたけど実際の画数と違う画数の結果が出てきたという方は、このように熊崎式の姓名判断を受けた可能性が高いです。

桑野式姓名判断

一方で、やはりそのままの画数を取り入れるべきだという考えを元にした姓名判断が桑野式姓名判断です。
桑野式姓名判断では、五格の他に社会運、家庭運、内運A、内運Bと、より詳細な人生を占うことができます。
新字体を利用しているので、比較的理解しやすいかもしれません。

吉元式姓名判断

新字体を利用し、さらに画数だけでなく漢字の配置、それぞれの位置関係も考えて結果を出す吉元式姓名判断というものもあります。
これは苗字は旧字体、名前は新字体を利用するというもので、少々複雑です。

どの姓名判断が一番いい?

現在日本国内で多く取り入れられているのはこの三つの姓名判断です。
しかしこれだけではなく占い師が独自に編み出したもの、独自にアレンジしたもの、初心者にもわかりやすいルールにしたものなどがあり、姓名判断の結果が占い師によって違うのは当然と言えば当然のことです。
どの流派が一番当たる、この流派はインチキであるというようなことはなく、それぞれの占い師が経験、実績をもとに進化、発展させていった流派です。
複数の姓名判断を受けてみて、自分が一番納得できる結果、相性がいいと感じる流派をもとに人生を見つめ直してみるという形を取るのがおすすめです。
現在ではインターネットで気軽に姓名判断ができるようになりましたが、このような簡易な姓名判断は単純に画数だけで占っているものがほとんど。
やはりきちんと占ってほしいのなら、占い師に依頼することをおすすめします。

子供の名前はどうやって決める?

子供の名前をつける際に姓名判断を利用する方は今でもたくさんいます。
しかし、これだけ流派があるとなるとどんな占い師に相談すればいいのかわからなくなってしまいますよね。
まずは自分でつけたい名前をある程度考えて、それからインターネットで軽く診断し、よりいい名前にしたい場合に占い師を利用するといいでしょう。
占い師によって姓名判断の結果は変わってしまいますので、まずはあなたの名前を診断してもらい、その結果が合っているようなら子供の名前を占ってもらうという方法を取ることをおすすめいたします。
主観的な判断にはなってしまいますが、姓名判断は元より占い師の経験が物を言う世界でもあります。自分の主観と占い師の経験をすりあわせて、一番信頼できる占い師を探しましょう。

電話占いで複数の姓名判断を受けよう

複数の占い師に姓名判断をお願いするのは、時間も手間もお金もかかってしまいます。
少しでも負担を減らすためには、電話占いがおすすめです。
電話占いなら、好きなタイミングで気軽に姓名判断を受けることができます。
複数の流派を試してみたいという方にはとくにおすすめです。
自分に合う、また解釈しやすいと感じる流派を見つけて、よりいい人生を歩めるようにしていきましょう。

姓名判断などで当たる電話占いはこちら

おすすめランキング
おすすめの記事