どんなサービスを利用するにしても、気になるのは、「料金」です。

電話占いという、あまり世間一般的とは言えないサービスの場合、どれくらいが相場なのかという点で、「これって高いのかな? 安いのかな?」と迷ってしまうこともあります。

一般的に、既存の電話占い会社は、「通話料は無料」というスタイルです。

その多くがフリーダイヤルなので、利用者は通話料を支払う必要がありません。鑑定料だけを支払い、占いを受けることになります。では、気になるその相場とはいくらか――。

■電話占いの「相場」とは

各社によって差はありますが、基本的に、電話占いの料金は1分200円程度からです。

実績ある、人気の占い師の場合でも、最高で400円/分という程度。そこまで高すぎるというわけではありません。10分~20分程度なら、現実的に考えて利用しやすい額です。

これも各社で微妙な差はありますが、多くの電話占いの料金体系は、「20分」がベースとされています。つまり、20分4000円程度。このセット料金は、基本的に1分単価よりも割安で、お得に利用できます。ただし20分以下でも料金は安くなりません。また、20分を超過した場合には、延長1分につき、また200円程度の鑑定料がかかることになります。

とはいえ、何か一つの物事について占ってもらいたい場合に、20分を超過することはほとんどありません。逆に、1000円程度の予算しかない、という状況では、5分の持ち時間で正確な鑑定を受けることは難しいので、あまり支払いを渋るようでは本末転倒でしょう。

基本料金は、1分200円程度――しかし、これはあくまで、一般的な鑑定料金です。利用する会社によっては、占い師の指名などに別途の費用が発生する場合もあるのでご注意を。

■「安かろう悪かろう」…100円前後の電話占い

会社によっては、「1分100円前後」という、相場と比べると非常に安価な価格設定をしている電話占いもあります。この安さは魅力ですが――実際、あまりおすすめできません。

というのも、やはり、「安かろう悪かろう」です。

そういう安価な電話占いは、実は、まだキャリアもほとんどない、未熟な、駆け出しの占い師が担当しています。雑誌やテレビのちょっとした星占いのような鑑定しか得られないこともあるので、本格的な占いを希望する女性は、「物足りない…」と感じるはずです。

またごく最近、スカイプやラインなどの無料通話アプリを利用した、新しい電話占いサービスも始まったようです。フリーダイヤルの場合、通話料金は電話占い会社が負担しているわけですが、無料通話アプリの場合は、電話占い会社にも一切の負担がありません。そのために安くサービスを提供できるわけです。1分100円前後も、珍しくはありません。

しかし、こういった新興の電話占い会社にも、実績ある有名な占い師はほとんどいないようです。やはり、駆け出しの未熟な占い師が多いようで、あまりおすすめはできません。

良い占いをしてもらいたいなら、大体相場通りのサービスを受けるのがベストでしょう。

ただし、実際に占ってもらう段階では、「占い師との相性」という問題もあります。有名な占い師だからといって、自分にとって100%の占いが受けられるわけではありません。相場以上のお金を払えば満足のいく鑑定結果が得られるわけではないので、注意しましょう。

無料で当たる電話占いのランキングはこちら

■電話占いの利用料金の支払い方法は?
さて――では、電話占いの鑑定料の支払いは、どのように済ませるのでしょうか?

多くの場合、鑑定料は後払いで、「銀行振込」か「クレジットカード引き落とし」となっています。銀行振込の場合には、支払期限は利用日から3日~1週間程度。振込手数料がかかることと、振込の手間を考えると、クレジットカードを利用する方が良い選択でしょう。

ここで気を付けたいのは、“前払い”システムの電話占いです。

一部の電話占い会社は、利用者に一万円程度のポイントを購入させる、前払いシステムを取っています。高額なポイントを購入すれば、1分当たりの単価が安くなるという仕組みですが、こういった前払いシステムの電話占い会社の利用には、よくよく注意が必要です。

というのも、単価が安くなるからといって、数万円のポイントを購入してしまう人が多いのです。その電話占い会社の質も知らないまま、高額なポイントを買ってしまうと、もし占い師のレベルが低かったり、サービスそのものが粗悪という場合でも、購入した分のポイントは返金されません。それでは、ちょっとした「詐欺」に遭ったのと同然でしょう。

優良と言われる電話占い会社は、大体、料金は“後払い”で共通しています。「支払いにクレジットカードが使える」という部分でも、クレジット会社の審査を通過しているということから、信頼できます。優良な電話占い会社を選ぶために、これを逆手に取って、「料金は後払いか」「クレジットカードは使えるか」という二点で見極めるのも良いでしょう。

おすすめランキング
おすすめの記事