電話占い師は鑑定中に何を考えているの!?【当たる現役電話占い師コラム】
今回は占い師の脳内を大解剖します!

いつも占いでは優しい先生たち、ホントのところはどう思ってるの?

どこまで本音で話してくれてるのかちょっと心配なほど癒し系の占い師、歯に衣着せぬ手厳しい占い師と個性はいろいろですが、実際に占っててどう思っているのか知りたいと思いませんか?
今回は占い師のホンネやお客様に対して思うことを大解剖していきます!

お客様には幸せになってもらわないと!

占い師は、お客様に幸せになっていただいてナンボの仕事です。どんなパターンでも「最後にお客様が幸せ」であることが一番大切です。…が、これがかなり難しいテーマでもあるんです。

電話占いでよくあるのが、不倫と復縁。ズルズルとけじめがつかない関係を続けて相手がいつか離婚してくれるのを願う人、別れたけれど忘れられない恋人を追い求める人はいつでも尽きることがありません。
その人とのご縁がお客様を幸せにしてくれるのかどうか、ただ願いが叶うだけで幸せになれるのか、占い師はそういう視点からも考慮していきます。
実際のところ、不倫の成就や復縁はできない話ではありません。
しかし、不倫は法的リスクを含めたいろいろな問題が残りやすく、復縁は復縁してから関係を保つのが難しかったりします。なので、本当にこの人でいいのか?という視点は必要不可欠となります。

ある復縁希望のお客様の場合、復縁自体は出来なくないがこの人が運命の相手ではない…これから出会う人が大本命になる、という結果が出ました。お客様は「好き」以上に元カレへの執着が強く、次の恋など絶対に見つかるはずがないと信じていました。
では実際に復縁したらどうなるか…結果は大喧嘩してまた別れる、彼の悪い癖は治らないとのこと。
この元カレが相手ではお客様の幸せにはつながりません。お客様が最後に大満足の幸せをつかむには、この人を手放して本当の運命にたどり着くことが必要なのです。

もしも、復縁希望の方でそれとなく「他の恋」「次の出会い」などを勧められた場合、無理だからとか無難に済まそうというのではなく「この人じゃない」「運命の出会いが迫っている」ということも考えられます。実際にこのお客様にはアドバイスをした上で次の出会いを待っていただきました。すると後日…
「この占い師は適当言ってるなと思ったけど、ガンバって連絡先消して貰ったもの捨てて写メ消して、そしたらすぐに彼氏できたんですよ!」とのご報告が。
実際に動くかどうかで未来は変わります。
幸せになりたいと思うなら、一度ダメになったものはあっさり断ち切る勇気が必要かもしれません。
不倫も同じです。好きな人がそもそも不倫グセがあるタイプだったら、今の家族と同じ繰り返しをお客様がされることになります。
占い師は、本当に必要なご縁であれば猛烈に応援します。しかし…なんとなく流されて他をおすすめされたら、こんな内情が隠れているのかもしれません。

占い師のホンネはこんな感じ

こういうお客さんは応援しちゃう!

電話スタートの段階で落ち込んでネガティブオーラを発していても、徐々に明るく前向きになってくれた時、占い師はもっと頑張って応援したい!と思うことが多いです。
仮にひどい結果だったとしても、占い師はお客様に幸せになっていただくことが何よりの慶び。ですから、全力で出したアドバイスを素直に受け止めてくれるお客様は特に応援したくなりますね。
また、リピートでお電話をくれた時に経過のご報告をいただけると次の鑑定の参考になるので応援しやすいなと感じます。こちら側の結果とお客様の現実がどこまでリンクしたかがわかることで、モチベーションが断然上がってお客様とのリンク率も更に上がります。
相性がいいと感じる占い師にはリピートすることが多いと思います。その際は是非ご報告ください。

こんなお客さんはお説教対象!?

お話を聞いててくれないお客様というタイプが一定数いらっしゃいます。初めに聞いた質問をその後も度々繰り返して話が前に進まないのです。
「カレはワタシのことをどう思っていますか?」「○○だと思っていますよ」
「そうなんですね。これからどうなりますか?」「○○で**で☆☆ですね」
「そっか~…カレはワタシのことをどう思ってるんでしょう?」「……」
という具合です。
お客様の言い方やニュアンスで、「今、彼はどう思っているのか」「日常的に彼はどう思っているのか」「彼はこれからどうしようと思っているのか」などなど内訳の違う「どう思っているのか」があるのですが、初めに出した回答が全てを物語っているようなものです。ただただいい言葉を聞きたくて何度も繰り返すのはやめておきましょう。

また、どんなアドバイスも「無理」「できない」「でも、だって」を繰り返すお客様も占い師が苦手な部類に入ります。じゃあこれは?と提案するものが全部受け入れられないパターンです。
占い師はお客様の性質を考えた上でアドバイスをしているので出来ないことはさせないはずです。しかし自信がない・なんとなく怖いといった理由で行動を止めてしまうんですね。
そうなるとこちらは八方塞がり…どうか、嫌がる前に行動していただきたいものです。

できればやめてほしいこんなこと…

筆者はよくあることなので慣れっこですが(笑)
「○○ってところの**ていう先生はこんな結果だった」「☆☆先生の方がよかった」というような言葉はやめていただきたいなぁと思いますね。特にまだ新しい先生の場合はダメージが大きいようです。
他の先生が出した結果に責任を持つことはできませんし、解説することも出来ません。(解説する人も中にはいます。筆者もよく解説依頼されています。)
また、他の先生の方がよかったという感想はやはり気分がいいものではありません。繊細なタイプならしばらく立ち直れないダメージを受け、気が強い先生なら「二度と来るな」と通達されかねないので(笑)、できれば言わないで欲しいです。誰だって他人と比べられたくはないですものね。

耳障りのいい結果だけを超ハピネスな雰囲気でお伝えしてくれる先生は貴重品です。
しかし、誰だって傷に塩を塗りこみたいわけではありません。申し訳ない気持ちで厳しい結論を伝えることがほとんどです。占いは癒し屋ではありません。時には不本意な結果を言われることがあるのは覚悟しておいてください。

まとめ…占い師だって人間だもの

今回は占い師の中身を一部ご紹介してみましたが、いかがでしたか?
占い師なのに○○…と、あまり嬉しくないレッテルを貼られることが多い仕事ですが、占い師だって人間です。占いの結果と個人的な思いが相反することもありますし、お話してて一緒に心を痛めたり悩んだりすることもあります。お客様が抱える美しいイメージと本人のギャップに悩むことも、時にあります(笑)
すっごいすっごい先生!というより、ちょっと人生に長けた近所の相談役…そんなつもりで話しかけていただけると嬉しいですね。

では、今回はここまで。充実の占いライフをお楽しみください。

本気で当たる占い師を探している方はこちら

  • ご自宅の快適スペース作りに必要なのは“心のリフォーム”?!
  • 「本当の自分で生きたい」と思ったときに、自分を見つめなおす方法
  • 絶対に【復縁を成功させる】2つの秘訣!
  • やる気を確実にアップさせる○○な方法
  • 誰からもバカにされなくなり、自分のペースで生きる方法
  • あえて、自分の弱みを見せることで【自己批評】を身につける!
おすすめの記事
電話占いについての読み物
旧来の対面式占いから、今は電話占いに。無料のフリーダイヤルで占い師と会話し、鑑定料だけを支払って様々な運勢を見てもらうという電話占いの歴史は...