紫微斗数(しびとすう)ってどんな占い?と聞かれたらちょっと分かりにくいかもしれませんね。東洋占星術の一つである紫微斗数は、素人が簡単に習得できるものではないのですが、精度の高い占いとして知られています。

【紫微斗数とは】

紫微斗数は中国で始まった占術で、陳希夷(ちんきい)という人が創始者だとされています。唐の時代、西洋占星術がインドを経て中国にもたらされ、それが独自に発展したと考えられています。

西洋占星術では実際の星の動きを元にホロスコープを作り、その人の運命を見ていきますが、紫微斗数では独自の星を使います。

日本ではあまりメジャーではないかもしれませんが、中国や台湾ではよく使われる占術で、四柱推命と併用されることが多いです。

【紫微斗数の占い方】

紫微斗数は生年月日、生まれた時間を使って占います。基本的には生まれた時間まで分からないと占うことが出来ません。

命宮、兄弟宮、夫妻宮、財帛宮(ざいはくきゅう)、田宅宮など12の宮があります。例えば命宮は基本的な性格を表す宮、財帛宮は金運を表すなど、それぞれに分かる運命が違います。

生年月日などからこの宮にどの星が入るのか、という「命盤」を作るのが紫微斗数で一番大変なところでしょう。

紫微星、天機星、太陽星などの星があり、それぞれが吉凶と固有の性質を持っています。

例えば、命宮に財運を表す武曲星(ぶごくせい)と温厚で寛容な天府星(てんぷせい)が入ると、穏やかな性格で、比較的財産にも恵まれているというように判断します。

生年月日、生まれた時間、それによる十干十二支から紫微斗数独自の想像上の星をこの宮に当てはめていくのですが、最大で108個も使われるため、簡単には習得できない占いなのです。

ただ、難しい分精度が高く、その人の運命を正確に占うことができる、とも言えますね。命盤はインターネットの占いサイトを使うと簡単に作れるので、興味のある方は是非試してみてください。

【紫微斗数で分かること】

紫微斗数では、その人の基本的な性格から、結婚運、家族運、仕事運など何でも占うことが出来るといっても過言ではありません。

上司や部下との関係など仕事に関することもあれば、生き甲斐や人生の楽しみ方など、どういう生き方が幸せなのかということまで見ることが出来るのです。

そして、その人が持っている運命から、今後どのような人生が待っているのかということをひも解いていきます。あなたの生まれ持った性質をどのように活かしていけば、よりよい人生を送ることが出来るのかということがわかる占術です。

こちらの電話占いの記事も人気です

【2017版】初回無料で体験ができる当たる電話占いランキングをチェックする

【口コミ】当たる電話占いおすすめランキング【現役占い師の解説付き】をチェックする

【超安い!】おすすめ激安電話占いランキング【1分間100円台】をチェックする

占術紹介の関連記事
  • タロット占いは電話占いでもやはりおすすめ!実際にタロット占いって何がわかるの?
  • 【奇門遁甲とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【ホラリー占星術とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【宿陽占星術とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【易学とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【タロット占いとは】分かりやすい占術解説【電話占い】
おすすめの記事