仲良くなった人に、「血液型、何型?」と聞く人は結構いるのではないでしょうか。特に女性に多いでしょう。

「B型」なんて答えられると、「あ~、やっぱりね~」などと反応した経験のある人もいると思いますが、これは無意識のうちに血液型占いをやってしまっているんですね。

血液型占いとは

血液型占いは日本独自の占いといってもいいでしょう。占星術のように世界各国で行われているものではありません。

というのも、日本人の血液型の分布が、
A型:39%
O型:29%
B型:22%
AB型:10%
と、ややばらつきはあるものの、4つの血液型がそれなりにいるから、という背景があります。

例えばフランスやベルギーのように、A型とO型で9割を占めていたりすると、血液型によって人を分類するなんてナンセンスだと考えるからです。海外の人は「非科学的」だと考えているようです。

血液型によって違う性格のタイプ

とはいえ、血液型によって一定の性格的な傾向は分類できると考えて、性格や行動を探るのが血液型占いです。

血液型によってどのような特徴があるかをみてみましょう。

<A型>
真面目といったらA型でしょう。礼儀正しく、几帳面な人が多いです。コツコツ貯金が出来るのもこのタイプ。

普段優しい分、怒ると怖い、融通が利かなかったりすることも。

<B型>

あまり物事を深く考えない、気分屋的な要素が多いのがB型。若干空気の読めないところもあり、不思議ちゃん扱いされてしまうこともあります。

ただ、考え込んで悩むことも少ないので、さっぱりした性格の人が多いですし、友達は多いのも特徴です。

<O型>

O型はおおらかで細かいことは気にしない人が多く、温厚な性格。しかも気遣いが出来るので、人との関係も円滑にできるでしょう。

おおざっぱでありながら完璧主義の一面もあり、好きなことにはこだわりを強く持っています。

<AB型>

よく、何を考えているか分からないといわれるミステリアスなAB型。基本的には淡白な性格で、感情を表に出すことはあまりありません。

器用なので何でもこなせることが多いのですが、器用貧乏的な一面も。

<親の血液型も入れて分類することも>

4つの分類以外に、親の血液型も考慮した分類があります。

例えば親がB型同士なら子供はBB型ですが、A型とB型から生まれたA型はB型の要素も持っているわけです。

そうなると、A型なのにA型っぽくない楽天的な性格になったりします。親の要素も取り入れると、より詳細に分類することが出来るんです。

血液型占いから分かること

別に嫌いじゃないんだけど、何となくこの人とあわない、と思ったら血液型の相性が良くなかった、という経験はありませんか。

血液型占いでは、個々の性格はもちろんのこと、同性または異性との相性なども見ることが出来ます。●型にはこう接した方がいい、●型の人にはこんな一面がある、など、表面的にはわからないことも、血液型で推測することが可能です。

もちろん、血液型だけにとらわれてはいけませんが、この人はどんな人かな?と思った時に、一つの目安になるかもしれません。

こちらの電話占いの記事も人気です

【2017版】初回無料で体験ができる当たる電話占いランキングをチェックする

【口コミ】当たる電話占いおすすめランキング【現役占い師の解説付き】をチェックする

【超安い!】おすすめ激安電話占いランキング【1分間100円台】をチェックする

占術紹介の関連記事
  • タロット占いは電話占いでもやはりおすすめ!実際にタロット占いって何がわかるの?
  • 【奇門遁甲とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【ホラリー占星術とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【宿陽占星術とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【易学とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【タロット占いとは】分かりやすい占術解説【電話占い】
おすすめの記事