ルーン文字を使ったちょっと神秘的な占い、ルーン占い。日本人にはあまり馴染みのない占いかも知れませんね。

あまり細かい法則のない占いなので、気軽に占いを楽しみたい人には向いている方法かも知れませんよ!

ルーン占いとは?

ルーン占いで使うルーン文字は全部で24文字。古代ゲルマン人が使っていた文字で、アルファベットのようでもあり、記号のようにも見えますが、一つ一つにきちんと意味があります。

ルーン文字が書かれた石やカード、木片などを使って占うのが一般的ですが、魔術として使われることもあります。魔術といっても恐ろしいものではなく、願い事を叶えるための御守りを作るおまじないのようなものです。

地域によっては文字の数が変わる場合がありますが、出てきた文字の意味を解釈するという占い方の基本は同じです。

ルーン占いの占い方

ルーン占いは細かいルールが決められていない、というのが面白いところで、文字が書かれた石や木片を投げてもいいし、引いてもいいし、並べてもいいんです。

要は、自分の質問に対してどの文字が出たか、ということが大事なので、文字の出し方はどうでもよいということです。

しかし何でもいいといわれても初めてだと占いづらいと思うので、よく使われる「キャスティング」と「スプレッド」をご紹介します。

「キャスティング(casting)」とは投げることです。大きな布地を広げて、その上に9片の木片(枝)を投げます。布からはみ出たものなどを取り除き、残った枝の重なり方などから文字を読み取るもので、やや中級者向けの占い方です。

「スプレッド(spread)」は、石などを適当に選び、タロットカードのように一定の位置において占います。1枚引きや3枚引きなどのやり方があります。

もっと気軽に占うなら、石を入れた袋から1つだけ選んで、その文字を見るという方法でもOKです。おみくじのような引き方ですね。

心の中で質問を思い浮かべ、集中して石を引いてください。そこに書かれている文字が、導きだされた占いの結果です。

ルーン占いで分かること

ルーン占いはタロットカードと似ていて、出てきた文字を偶然とは捉えずに、何らかの意味がある、という風に考えます。今後の大きな運命について占うというよりも、短期的な展望や今日の運勢は?など近い未来のことを占うのに適しています。

基本的には1つの質問に1つの答えを受け取る形で占っていきますが、大事なのは落ち着いた環境で石ときちんと向き合うことです。そうすれば、文字のメッセージを直感的に受け取ることが出来るでしょう。

こちらの電話占いの記事も人気です

【2017版】初回無料で体験ができる当たる電話占いランキングをチェックする

【口コミ】当たる電話占いおすすめランキング【現役占い師の解説付き】をチェックする

【超安い!】おすすめ激安電話占いランキング【1分間100円台】をチェックする

占術紹介の関連記事
  • タロット占いは電話占いでもやはりおすすめ!実際にタロット占いって何がわかるの?
  • 【奇門遁甲とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【ホラリー占星術とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【宿陽占星術とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【易学とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【タロット占いとは】分かりやすい占術解説【電話占い】
おすすめの記事
電話占いについての読み物
旧来の対面式占いから、今は電話占いに。無料のフリーダイヤルで占い師と会話し、鑑定料だけを支払って様々な運勢を見てもらうという電話占いの歴史は...