東洋占星術の一つである算命学は、四柱推命と似ています。どちらも歴史が古く、中国の五行説や生年月日から導きだされる干支などを使って占っていくものです。

難解でその習得にはかなりの時間がかかるといわれる四柱推命は生まれた時間も必要としますが、算命学は生年月日だけで占うことが出来ます。

かといって簡単な占いというわけではなく、古代中国では皇帝が政治や軍事戦略を練るために活用してきた「学問」だったのです。

算命学とは

算命学は「天中殺(てんちゅうさつ)」という言葉で有名になりました。日本で知られるようになったのは比較的歴史が浅く、戦後になってからです。

昭和40年代に高尾義正という人が算命学の理論を統合し、すでに中国ではすたれてしまった算命学を復活させたのです。

中国の陰と陽、五行説の考え方をベースとし、天の動きを読み取ることで今後の運命を占います。生年月日によって人は生まれ持った性格があり、その性格が運命を作るという考え方のもとに、目先のことだけでなく長期的な占いが出来るのです。

算命学の占い方

算命学では生年月日から導きだした干支を9つのマスに当てはめていきます。

生年月日から十干(じゅっかん)と十二支を割り当て、陰占、陽占、天中殺の3つが表された「人体星図」を作りそこから今後の運命を占います。

陰占には干支が、陽占には星の名前がそれぞれ割り当てられます。陽占は身体の部位で表され、どの部分にどの星が出るかでその人の性質、これまでの人生、そして今後の人生を占っていきます。

命式の導きだし方はとても難解なので、一から計算するのはプロの占い師でも難しいとされています。
早見表などを使ったり、今はインターネットで生年月日を入れることで命式を作ってくれるサイトなどもあります。

算命学から何が分かる?

算命学といえば天中殺ですが、これは十干と十二支を組み合わせた時のいわゆる「隙間」。10と12で2の差ができますから、その空間にあたる時期を天中殺といいます。

この時期は何をしてもうまくいかない時期とされ、悲観的に考える人もいますが、それを今後の人生に役立てていこうというのが算命学の考え方です。

人生の浮き沈みは誰にでもあり、前もって分かっているからこそ、その時期は博打を打つようなことはせず、充電期間にあててじっくり力を蓄える、というようなことが出来るのです。

こちらの電話占いの記事も人気です

【2017版】初回無料で体験ができる当たる電話占いランキングをチェックする

【口コミ】当たる電話占いおすすめランキング【現役占い師の解説付き】をチェックする

【超安い!】おすすめ激安電話占いランキング【1分間100円台】をチェックする

占術紹介の関連記事
  • タロット占いは電話占いでもやはりおすすめ!実際にタロット占いって何がわかるの?
  • 【奇門遁甲とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【ホラリー占星術とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【宿陽占星術とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【易学とは】分かりやすい占術解説【電話占い】
  • 【タロット占いとは】分かりやすい占術解説【電話占い】
おすすめの記事