【九星気学とは】分かりやすい占術解説【電話占い】

九星気学といわれてもどんなものかちょっとイメージがわかない人も、「一白水星」「二黒土星」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか。

東洋占術の一つであり、日本でも良く知られている占いです。神社歴や昔ながらの日めくりカレンダーなどを買うと、このような言葉が書いてあるのを見たことがあると思います。

人の運勢だけでなく、家相などにも使える占術なのです。

九星気学とは

元々は九星術といい、日本には552年に伝えられたといわれています。「星」という言葉がついているものの、いわゆる天体の星を指すのではなく、易の八卦から来ているものです。

八卦は五行の「木(もく)」「火(か)」「土(ど)」「金(こん)」「水(すい)」をベースとしていますが、これと宇宙のエネルギーを9つに分けたものを組み合わせて方位の吉凶を占うのが九星気学です。

九星気学の「気」は目に見えないエネルギーのことであり、私たちの生年月日から導きだされる九星と12の干支から、その人の運命をひも解いていくのが九星気学です。

九星気学の占い方

九星気学では、まず生年月日から本命星を導きだしますが、他の占術と違って計算方法が難しくないのも特徴の一つです。

9つの本命星

一白水星(いっぱくすいせい)
二黒土星(じこくどせい)
三碧木星(さんぺきもくせい)
四緑木星(しりょくもくせい)
五黄土星(ごおうどせい)
六白水星(ろっぱくすいせい)
七赤金星(しちせききんせい)
八白土星(はっぱくどせい)
九紫火星(きゅうしかせい)

生年(昭和・平成)が12より少ない場合は12から生年を引きます。平成3年生まれなら、

12ー3=9→九紫火星 となります。

12よりも大きい場合は、1の位と10の位を足して12から引きます。足した数が12より大きくなってしまったら、9を足します。

昭和55年生まれなら、

12ー(5+5)=2→二黒土星

昭和59年生まれなら

12ー(5+9)=-2 9を足して7になるので七赤金星になります。

ただし、ここで気をつけなくてはいけないことが一つあります。気学では旧暦を使うので、新年は節分から開始します。

つまり、1月1日~節分までの誕生日の人は前年生まれとして計算をします。

この本命星を元にして、吉方位、凶方位などを割り出し、その年の運勢などを占うのです。

九星気学で分かること

九星気学でいう吉方位とは、単に運勢のいい方向を指すだけではなく、相性の良い相手や転職、引っ越しに適した時期なども知ることが出来ます。

吉方位は年盤、月盤、日盤の3つで示され、それぞれ影響を受ける期間や距離が違ってきます。例えば、日盤では凶方位であったとしても、月盤では吉方位だから今月の出張は大丈夫だろう、という判断が出来ます。

こちらの電話占いの記事もが人気です

【2017版】初回無料で体験ができる当たる電話占いランキングをチェックする

不倫・浮気相談に強い電話占いサービス【1人で悩まないで】をチェックする

【無料鑑定あり】復縁におすすめの電話占いランキングをチェックする

【超安い!】おすすめ激安電話占いランキング【1分間100円台】をチェックする