【東洋占星術とは】分かりやすい占術解説【電話占い】

占星術というと西洋占星術が最も有名だと思いますが、東洋にも占星術があるのをご存知でしょうか。元々は同じ占星術を出発点としていますが、2つは発展の仕方が違いました。

元々は古代バビロニアで始まった占術が、アラブやヨーロッパ諸国でホロスコープを用いて占う方法として広まってたのが西洋占星術です。

それに対して、東洋占星術はインドに渡り、そこから中国へと渡っていくうちに、インド密教や東洋独自の文化を取り入れて発展してきました。

東洋占星術とはどんな占い?

「東洋占星術」という固有の占いがあるのではなく、宿曜占星術や算命学、四柱推命、九星気学など様々な占術があるのです。中国で独自に発展した占術である紫微斗数(しびとすう)も東洋占星術の一つです。

東洋占星術では、万物を構成する要素として「木(もく)」「火(か)」「土(ど)」「金(こん)」「水(すい)」があると考えます。

そして一定のサイクルを繰り返す暦を用いて、時間や季節は循環するものと考えます。ここも西洋との違いです。

東洋占星術の占い方

東洋占星術は生年月日から算出した「人体星図」という命式を作り、そこからその人の運命を見ていきます。

東洋独自のホロスコープを用いたり、該当する干支や星などを読み解きながらその人の今後の運命をひも解いていくのです。

西洋占星術が、天体にある星の実際の動きを見ながら占うのに対し、東洋占星術はその人が生まれながらにして持っている宿命・運命を統計的に見ていく占いです。

宿命は変えられないという考え方が元にあり、より良く生きていくためにはどうすればいいのかということを考える学問なのです。

東洋占星術で分かることは?

占いには近くに起こることが分かるものや過去をひも解いて現在の状況を占うものなど色々ありますが、東洋占星術でわかるのはその人の生まれ持った宿命や運命です。

また、西洋占星術では生まれた時間まではっきり分からないと占いの精度が落ちるのに対し、東洋占星術では生まれた日さえわかれば推測は可能です。

過去のことから現在おかれている状況、そして未来に起こるであろうことも予測が可能です。あなたに向いている職業は?これからの仕事運は?相性の良い人との巡り合わせは?ということを知ることができます。

と同時に、不運なことが起きやすい時期も予測できるので、そういった時はどのように過ごせばいいのか、それを回避するためにどんな行動をとれば良いのかという予測を立てることも出来るのです。

こちらの電話占いの記事も人気です

【2017版】初回無料で体験ができる当たる電話占いランキングをチェックする

【口コミ】当たる電話占いおすすめランキング【現役占い師の解説付き】をチェックする

【超安い!】おすすめ激安電話占いランキング【1分間100円台】をチェックする